部屋でWi-Fiがつながらない!そんな方にいま人気の「無線LAN中継機」がオススメ!

部屋でWi-Fiがつながらない!そんな方にいま人気の「無線LAN中継機」がオススメ!

【CASE.3】部屋の端から端までWi-Fi電波を行き渡らせたい

間取り図
お悩み ときどきリビングダイニングで子どもが遊ぶゲーム機の通信が途切れることがあったので、書斎にある親機との接続を安定させたい
間取り 2LDK(約70㎡)
親機の設置場所 書斎のパソコンデスク上
中継機の設置場所 リビングダイニングのコンセント

CASE.3のFさんのお宅では、パソコンデスク上に設置した親機のある部屋と、ご家族がふだんゲーム機やスマートフォンを使うリビングダイニングとが、ちょうどマンションの部屋の端と端に位置しています。
お子さん達がリビングダイニングでWi-Fiにつながるゲーム機を使うと、たまに通信が途切れることがあったので、中継機を試してみることになりました。

部屋の端と端をつなぐ中間地点の廊下にコンセントがあれば最適なのですが、廊下にはコンセントがなかったため、リビングダイニングの扉横のコンセントに中継機を設置することになりました。リビングダイニングはコンセントを使用することも多いため、将来的には洋室の部屋のコンセントに移動してもいいですね。

写真
早速、専用アプリ「Atermスマートリモコン」をスマートフォンにダウンロードして設定を操作するFさん。
中継機モニター体験1ヵ月後のFさんの感想
「サイズやデザインも良くて、いい感じだと思いました。ボタンを押すだけで、簡単に自動設定できるのがいいですね。」

専用アプリで接続されている端末を見える化する「見えて安心ネット」

見えて安心ネット

専用アプリ「Atermスマートリモコン」をダウンロードして自分のスマートフォンにインストールすると、中継機に接続している端末を自動検出して見える化してくれます。端末ごとに、接続許可・拒否ができる他、お子さんのネットの使いすぎを制限する「こども安心ネットタイマー」も設定できます。

Get it on Google Play

まったくつながらない訳ではないけれど、時々電波が切れるなど、微妙に不便を感じる無線LANのつながりにくさ。そのまま放置しておくと、知らない間にスマートフォンのデータ通信量の制限をオーバーしていた!というモニターの方々の失敗談のようになることがあるかもしれません。

面倒な設定もなく自分で設置できる中継機を導入するだけで、快適な無線LAN生活を送ることができるのです。毎日のインターネットライフで不便を感じている方には、中継機の設置がオススメです!

モニターで使用した製品

NEC 無線LAN中継機 867Mbps(11ac対応)

NEC 無線LAN中継機 867Mbps(11ac対応)【人感センサー付き】

・11ac対応により、867Mbpsの高速通信を実現(*1)・コンセント直挿しタイプで配線もなくスッキリ・無線LANアクセスポイントとの接続は、ボタンを押すだけの簡単設定・電波強度を3段階のカラーでお知らせする「電波強度ランプ表示」・「NEC 無線LAN中継機 867Mbps(11ac対応)【人感センサー付き】」は、人を検知すると「照明ランプ」が点灯!*1 表示の数値は、本商品と同等の構成を持った機器との通信を行った理論上の最大値であり、実際のデータ転送速度を示すものではありません。

※本記事の内容は2016年10月19日時点の情報です。

関連キーワード: