食べる + 備える +「東北復興」支援する おいしい防災

おいしい防災  食べる+備える+「東北復興」支援する

9月1日は「防災の日」です。私たちの日常生活にさまざまな気づきをもたらした、東日本大震災から4年。あの巨大な震災から時間が経ち、防災意識が少し薄らいできているかもしれませんが、いつまたあのような大地震が発生するかはわかりません。今一度、ご家庭の備えを見直してみませんか?

今回は、「食の備え」として、 “日常生活のなかで備蓄しながら、減った分を補充し、被災時の非常食として活用する”という、マンション生活者に役立つ「流通備蓄」という考え方をご紹介します。

普段使いがそのまま防災対策になる「流通備蓄」が役に立つ

味が良く、種類も豊富になった非常食。けれど災害直後の一時的な食事ならともかく、長期の滞留生活に備えた量となると、価格面で大きな負担に。それに普段食べない食料をたくさん買い込んでも、賞味期限の管理が難しくなってしまいます。

そこでおすすめしたいのが「流通備蓄」という考え方です。お米や乾麺、乾物、レトルト食品、缶詰など、常温保存できるものであれば、非常食用の長期保存タイプでなくても大丈夫。これらを普段の生活の中で食べて、減った分だけ買い足して補充する。なるべく家族が好きなものを買い揃えることで、賞味期限切れの心配もなくなります。

流通備蓄を始めるときのポイント

  • 食品ストックの目安は「家族の人数×10日分」
  • わかりやすい定位置にストックし普段使いに
  • 家族が好きなものを買う
  • ライフライン停止に備え、調理用の熱源も準備しておく (カセットコンロなど)

備蓄する食料に必要な栄養素

人が生命を維持するには「(1)体を動かすエネルギー源になるもの」が必要ですが、健康な体の維持には「(2)体をつくる材料になるもの」「(3)体調を整えるもの」をあわせた、3つの栄養素が必要です。

災害時は(1)を優先にした食料配給が行われ、健康な成人であれば数日間は乗り越えられます。しかし 日が経つにつれ、(2)や(3)の不足による栄養失調により体調を崩しやすくなります。
自宅で食料備蓄を考えるときは、栄養面のバランスを意識することも大切です。家族全員の健康管理も重視しながら、「流通備蓄」に取り組んでみましょう。

食べる+備える+東北復興支援する「おいしい防災」

「流通備蓄」を実践するうえで、取り入れやすい食材のひとつが『缶詰』です。保存性の高さはもちろんですが、最近の缶詰は新鮮な素材を絶妙な味付けで商品化しているものも多くあり、おいしい防災食としても格好の材料です。

「はらくっついTOHOKU」という缶詰

今回ご紹介するのは、東北のおいしい海の幸をたっぷり使った「はらくっついTOHOKU」という缶詰です。実はこれ三菱地所グループが、東日本大震災後の2011年11月から継続して、東北の食材・食ブランド再生を応援している「Rebirth 東北フードプロジェクト」の一環として、東京丸の内のエリアに店舗を構えるレストランオーナーシェフ達中心に組成されている「丸の内シェフズクラブ」のシェフと宮城県、石巻・気仙沼のシェフ、両地域の水産加工会社と連携して開発したオリジナル缶詰。「はらくっつい」という言葉は、宮城県の方言で「お腹いっぱい」という意味で、日常的においしく食べられて災害時の食料備蓄になり、東北の復興支援にもなる商品なのです。

写真写真
食の復興支援活動「Rebirth東北フードプロジェクト」
  オリジナル缶詰「はらくっついTOHOKU」シリーズ
  • (mikuni MARUNOUCHI)三國清三氏 /(フランス食堂 オ・コションブルー)橘祐二氏 監修
    とろとろさんまとフカヒレとゆずの味噌煮(気仙沼)
  • (恵比寿 笹岡)笹岡隆次氏 /(日本料理 おかざき)岡崎敏彰氏 監修
    山椒香る金華さばとムール貝とたっぷり野菜のお椀(石巻)
  • (アンティカ・オステリア・デル・ポンテ)ステファノダルモーロ氏 /(リストランテ ダ・ルイジ)廣瀬竜一氏 監修
    気仙沼産メカジキの地中海風煮込み(気仙沼)
  • (イル ギオットーネ)笹島保弘氏 /(デル・カピターノ)庄子達広氏 監修
    石巻産銀鮭のクリームスープ仕立て~ゆずの香り~(石巻)

料理してみた!食べてみた!

そのまま食べても美味しいこれらの缶詰を、災害時ではなく普段使いとしてひと手間アレンジを加え、さらに栄養素も考慮した、プロのフードコーディネーター大橋さんによるオリジナルレシピをご紹介します。

大橋厚子
フードコーディネーター
大橋 厚子(おおはし あつこ)さん

テレビ番組制作会社を退社後、現職に。広告代理店、洋菓子ブランドでの企画・販促等のMD活動を経て2005年に独立。現在、雑誌・広告・CM等の撮影を中心に撮影時の調理・スタイリング等に携わる。店舗プロデュース、メニュー提案なども手掛ける。

オリジナルレシピメニュー

「気仙沼産メカジキの地中海風煮込み」カナッペ

~大橋さんのワンポイントコメント~

クリームチーズをプラスすることで、なめらかさが加わり、大人味に仕上がります。牛乳などが苦手な方でも手軽にカルシウムを摂取することができます。また、パンにトッピングすることで、ボリュームも出て食べごたえがあります。

「とろとろさんまとフカヒレとゆずの味噌煮」ラーメン

~大橋さんのワンポイントコメント~

インスタント麺はノンフライ麺を使用することで、さっぱり食べることができます。麺にはタンパク質とデンプン質が豊富で、エネルギー源になります。

「山椒香る金華さばとムール貝とたっぷり野菜のお椀」おろし煮

~大橋さんのワンポイントコメント~

生の大根にはジアスターゼと言う消化酵素の一種が含まれています。大根おろしには消化を促す効果があり、さっぱりと食べられ、胃の負担を軽減できます。

「石巻産銀鮭のクリームスープ仕立て~ゆずの香り~」リゾット

~大橋さんのワンポイントコメント~

牛乳、粉チーズなど乳製品を加えることで、カルシウムを摂取できます。カルシウムが不足するとイライラしたりするため、精神安定を図るためにも積極的に取り入れることをおすすめします。

ここではその中から、食パンを使った「気仙沼産メカジキの地中海風煮込み」カナッペのレシピをご紹介します。

「気仙沼産メカジキの地中海風煮込み」カナッペ

写真
写真
材料(2人分)
  • 缶詰「気仙沼産メカジキの地中海風煮込み」1缶
  • 食パン 8枚切り 2枚(市販のクラッカーやバケットもおすすめ)
  • クリームチーズ 2片(今回はkiriの18g×6個入りクリームチーズを使用)
  • イタリアンパセリなど飾り用ハーブ


作り方
  • 食パンをトースターでこんがり焼き、焼き上がったら耳の部分を切り落し、4等分する。
  • クリームチーズを4等分する。
  • (1)にクリームチーズと、「気仙沼産メカジキの地中海風煮込み」をトッピングし、お好みでイタリアンパセリなどを飾る。

さて、お味のほうは?

写真写真

脂がのっているのにさっぱりと食べられる気仙沼特産のメカジキと、ニンニクが香るオリーブオイルとケッパー、オリーブ、トマトというイタリアンの王道食材。これらに加えて、ムール貝と昆布の出汁が味の決め手になっている「気仙沼産メカジキの地中海風煮込み」。食パンを1枚使っただけで、腹持ちも良く、大人の味が楽しめます。

贈答用やホームパーティーにもぴったりなオリジナル缶詰「はらくっついTOHOKU」シリーズのご購入はこちら

まとめてお得なセット商品をご用意しました!

「はらくっついTOHOKU」1stシリーズ
とろとろさんまとフカヒレとゆずの味噌煮
(mikuni MARUNOUCHI)三國清三氏 /(フランス食堂 オ・コションブルー)橘祐二氏 監修
とろとろさんまとフカヒレとゆずの味噌煮(気仙沼)
山椒香る金華さばとムール貝とたっぷり野菜のお椀
(恵比寿 笹岡)笹岡隆次氏 /(日本料理 おかざき)岡崎敏彰氏 監修
山椒香る金華さばとムール貝とたっぷり野菜のお椀(石巻)

「はらくっついTOHOKU 1stシリーズ」をまとめたお得な2缶セット 1,750円(税抜・送料無料)

「はらくっついTOHOKU」2ndシリーズ
気仙沼産メカジキの地中海風煮込み
(アンティカ・オステリア・デル・ポンテ)ステファノダルモーロ氏 /(リストランテ ダ・ルイジ)廣瀬竜一氏 監修
気仙沼産メカジキの地中海風煮込み(気仙沼)
石巻産銀鮭のクリームスープ仕立て~ゆずの香り~
(イル ギオットーネ)笹島保弘氏 /(デル・カピターノ)庄子達広氏 監修
石巻産銀鮭のクリームスープ仕立て~ゆずの香り~(石巻)

「はらくっついTOHOKU 2ndシリーズ」をまとめたお得な2缶セット 1,700円(税抜・送料無料)

「はらくっついTOHOKU」1缶ずつ違う味が楽しめるお得な4缶セット 2,600円(税抜・送料無料)

その他のレシピはこちら

  • 「とろとろさんまとフカヒレとゆずの味噌煮」ラーメン
  • 「山椒香る金華さばとムール貝とたっぷり野菜のお椀」おろし煮
  • 「石巻産銀鮭のクリームスープ仕立て~ゆずの香り~」リゾット