災害時の食中毒対策を考える

梅雨入りの頃から夏にかけては、細菌性の食中毒が頻発する時期。食事前の手洗いはもちろん、食材の取扱や調理にも普段以上に注意が必要です。もし、そんな時期に災害が起きたら? 今回は夏季に被災してしまった場合の食中毒対策について考えてみます。

もしも夏季に大規模災害が起こってしまったら?

食中毒予防3原則は「つけない」「ふやさない」「やっつける」です。

食中毒は、その原因となる細菌やウイルスが食べ物に付着し、体内へ侵入することによって発生します。食中毒を防ぐためには、細菌の場合は、細菌を食べ物に「つけない」、食べ物に付着した細菌を「増やさない」、食べ物や調理器具に付着した細菌を「やっつける」という3つのことが原則となります。(政府広報オンライン「食中毒を防ぐ6つのポイント」より引用)

「つけない」ために手をよく洗う、「増やさない」ために低温(冷蔵・冷凍)保存をする、「やっつける」ために加熱処理をする。これが対策の基本となるわけですが、災害発生によりライフラインがストップしてしまうと、その対策すべてが困難となります

少ない水で衛生状態を保つために

もし断水してしまうと、手洗いはもちろん、食器や調理器具の洗浄も困難になります。まずは除菌タイプのウェットティッシュや抗菌剤等、水の少ない環境下で手指等を清潔に保つための備えをすすめます。

そして、まな板を使った調理は控えるようにする、食器にはアルミホイルやラップ等を敷き、洗わずに再利用できるようにするなど、災害時の食事の工夫について検討しておくとよいでしょう。水道を極力使わず安全に食事をする訓練を、平時のうちにご家庭で実践してみるのもおすすめです。

参考:『マンションラボ』まだまだあります!「災害時レシピ」のご紹介

調理用の熱源を確保しておく

災害時に温かい食事をとることは、心の平穏につながると同時に、食中毒対策としても重要です。食品を十分加熱するために、カセットコンロ等の調理用熱源はぜひとも備えておきましょう。

災害用としてしまいこんでおくのではなく、鉄板焼きや鍋料理などで積極的に活用し、よく使い慣れておくことがポイント。カセットガス(ボンベ)も使いながら都度多めにストックしておくようにします。

また、電気、ガス、水道の中で、復旧が困難といわれているのが都市ガスです。キッチンがガスコンロの場合、コンセントに差して使えるIH卓上調理器なども併せて備えておくと安心です(IHに対応した調理鍋等が必要になります)。

普段使いできるオススメ衛生対策商品(e-mansion lifeでご購入いただけます)

抗菌・消臭スプレー(G2TAMα プラス 250ml)
抗菌・消臭スプレー(G2TAMα プラス 250ml)

主要成分は大豆アミノ酸。口に入っても問題ないほど高い安全性を確保しつつ、O-157やサルモネラ菌などへ強い抗菌力を発揮します。消臭効果も抜群で生ごみや洗濯物の生乾き臭対策にも。
980円 (税抜)

手指用清浄液(G2TAM 500ML)
手指用清浄液(G2TAM 500ML)

天然大豆アミノ酸を主成分とした人と地球に優しい手指清浄液。きめ細やかな泡で手指や体の不快物質を除去します。
1,500円 (税抜)

※本ページでご紹介している商品の情報は、2017年5月26日時点のものです。場合によっては販売を終了している場合があります。