Apple Watchで健康に!

最近、スマートウォッチを装着している人をよく見かけるようになってきた。その代表的な製品がApple Watch(アップルウォッチ)だ。とても人気があって利用者は徐々に増えている。

単なる時計と言うよりはアクティビティモニターとしての機能が充実している。私たちの活動や運動の情報を記録してくれるのだ。ランニングやウォーキングなどのスポーツシーンでは利用者をよく見かけるのもそんな理由からだ。運動やダイエットには最適で、日々の健康管理にも役立つ。

今回は、まだスマートウォッチを使ったことがない方にApple Watchの魅力の一端を紹介していこう。

写真

Apple Watchと普通の時計との違い

Apple Watchは、小さなスマートフォンと考えてもよいだろう。時間を知るだけに使う一般的な時計とは違って、多くの機能を持っている。大前提として、iPhoneと組み合わせて利用するので、Androidスマートフォンのユーザーは購入しても使えない点には注意が必要だ。

操作の感覚はスマホに近く、画面へのタッチで各種の操作を行う。また、バッテリーをかなり使うので、毎日充電するのが一般的だ。一日中利用しても、夜寝ている間に充電しておけば大丈夫だ。

Apple WatchはBandが簡単に交換できるのが特徴の一つ。Appleから純正の交換用バンドが多数発売されている。また、製品として良く売れているので、市販のバンドも数多く登場しており、好みで選べる。

時計のデザイン(ウォッチフェイス)はさまざまなデザインに変更可能。その日の気分に合わせてシックなクロノグラフを選んだり、花などが表示される美しいフェイスも選択できる。もちろん、バンドに合わせてフェイスを変えていくのも楽しい。

写真
多機能なフェイスはスマートウォッチらしいところ。
写真
シンプルな表示なら運動中にも時間を見やすい。美しい花や蝶などのフェイスは服に合わせて変更してもよいだろう。
写真
充電は専用のパッドの上に載せるだけだ。
写真
バンドは各種交換可能だ。

装着しているだけで運動と健康管理ができる

Apple Watchは運動や健康に関するデータを記録するのが得意。しかも、装着しているだけでさまざまな情報を取得してくれるのでとても気楽に使える。

「アクティビティ」は最もApple Watchらしい機能で、「ムーブ」「エクササイズ」「スタンド」という3つの機能を搭載している。ムーブはアクティブカロリーで、仕事中の移動や掃除など、日々の行動で消費されるカロリーなどを記録する。エクササイズはいわゆる運動で、早歩き以上の運動の情報を蓄積していく。スタンドは1分以上立って歩き回ることを示している。

この3つの情報は、リングで表示され活動量が増えるほどにバーが伸びていく。リングがつながって円になれば、その日の目標は達成するわけだ。運動だけでなく、毎日の活動で健康を維持するための目安になる。特に、デスクワークの方で、運動をする時間がなかなか取れない方でも、少し階段を使ったり、こまめに立ち上がるようにするだけでリングが進んで、ゴールに近づいていくのが楽しい。

アクティビティとは別に、心拍も計測できる。装着している間の心拍がわかるので、体調が優れないときには確認するとよいだろう。ただし、残念ながら最も知りたい体温や血圧などの値は取得できない。今後さまざまな情報を取れるモデルが登場すれば、さまざまな病気の早期発見につながるはずだ。

なお、これらの情報はiPhoneでチェックするのがおすすめだ。Apple Watchで情報を記録してiPhoneで確認――というのがスムーズかつわかりやすい流れだ。

写真
iPhoneでアクティビティのデータを確認する。
写真
毎日の運動の具合がカレンダー上でチェックできる。
写真
日々のデータは細かくチェック可能。この日は目標の半分程度しか動けていない。
写真
Apple Watchを装着しているだけで心拍も計測できる。
写真
1日の心拍の動きをグラフ化して見ることで体調も把握できそうだ。

運動にもおすすめ

ウォーキングやランニング、サイクリング、水泳などの運動をする際にも、Apple Watchはとても役立つ。何となく運動をしているのと違い、「最近運動不足だから頑張ろう」「以前よりタイムが向上した」といったことが気軽でかなり正確にわかるのだ。

運動を記録したい時にもあまり難しいことを考える必要はなく、運動を開始する前に「ワークアウト」機能で運動の種類を選んでONにするだけで計測が始まる。運動を終えたら、終了を押せばよい。

運動した時間や消費カロリー、移動距離などが簡単に把握できる。こちらも、iPhoneにデータがたまっていくので、日々の運動の様子がわかるだろう。ランニングやサイクリングなどでは、地図上に移動したルートを表示することも可能だ。快適に走っているとグリーン、速度が落ちているとオレンジでルートを示してくれる。上り坂や向かい風で苦労したこともわかるはずだ。

写真
汗や水にも強いのでスポーツにも持ってこいだ。
写真
ワークアウトでは運動の種類を選んでスタートすればOKだ。
写真
こちらも細かな情報がチェックできる。
写真
ジョギングやサイクリングでは移動したルートも把握できる。

睡眠もチェック可能

Apple Watchと組み合わせられるアプリを使えば、Apple Watchで睡眠の状態もチェックできる。睡眠時間がわかるだけでなく、深い眠り、浅い眠りを繰り返していることもよくわかるのが興味深い。睡眠中の心拍を計測したり、眠りに入るまでの時間を確認することも可能だ。データを取ったからと言って簡単には改善できないが、例えば、イライラしている日は睡眠が足りない――といったことがわかるだけでもよいだろう。今回は「AutoSleep」というアプリを利用している。

睡眠を計測する際に最も困るのは、寝ている間の充電ができないことだ。日中も当然利用することになるので、家にいてあまり活動していない時間に充電するしかないだろう。

写真
睡眠の状態もApple Watchで計測できる。
写真
睡眠の質もチェックできる。
写真
時間ごとの推移も分かる。

Apple Watchは、デジタル好きのための製品と思われがちだが、実はとても簡単に使える。基本的な使い方さえ覚えてしまえば、装着しているだけでさまざまな体の情報を記録してくれる。いわば現代流の万歩計だと思ってもいいだろう。もちろん、歩数もしっかりと計測可能だ。

AutoSleep
AutoSleep

Apple Watchを使って自動であなたの睡眠を追跡します。進化したヒューリスティックを使うことでAutoSleepはあなたがどのくらいの睡眠を取ったかを測定します。あなたは何もする必要がありません。

※本記事の内容は2018年5月16日時点の情報です。

戸田 覚 プロフィール
1963年生まれ。IT・ビジネス書作家としてキャリア25年以上。「あのヒット商品のナマ企画書が見たい」(ダイヤモンド社)など著作累計140冊超。テレビ・ラジオ出演、講演なども多数行っている。また、IT系、ビジネス系を中心に連載を月間40本以上こなしている。