春の新生活、おすすめはパソコン?タブレット?

「パソコンはあまり使わないうちに古くなってる」といった方も少なくないと思うが、最新モデルは驚くほど便利で、しかも昔に比べるとずいぶん安くなっている。春の新生活にはぴったりなのだ。
今回は、パソコンやタブレットなど、新しいデジタル製品を手に入れてより楽しく過ごす方法を紹介しよう。

写真

タブレットは非常に手ごろだ

まずおすすめしたいのがタブレットだ。最大の魅力は予算が抑えられること。タブレットには大きく分けて2種類ある。1つは、おなじみのiPadで、機能としては文句なしだが入門用にはちょっと高い。こちらについては、後述する。

お気軽に買うには、「Androidタブレット」がおすすめ。iPhone以外のスマホでおなじみのAndroidを搭載するタブレットだ。予算を2~3万円も用意すれば、良いモデルが手に入る。アマゾンで購入できるFireシリーズはさらに手ごろで、10インチモデルは18,900円(プライム会員なら14,980円)、8インチモデルなら、11,980円(プライム会員なら6,980円)と激安だ。

おすすめはマルチに使える10インチモデルだが、持ち歩きたいなら8インチモデルも悪くない。

インチとは画面サイズを示しており、対角線の長さをインチで示している。10インチモデルは、B5程度のサイズで、8インチモデルはさらに小さい。画面は大きなほうが見やすいのだが、その分重くなるので使い方によって変更するのが望ましい。

写真
HUAWEI MediaPad M3は、Wi-Fiモデルなら3万円以下で手に入る(価格はAmazon調べ)。サイズは8.4インチだ。
写真
Fire HD 10はAmazonのタブレットで、非常に割安だ。

タブレットはコンテンツを見るのが楽しい

タブレットの魅力は、コンテンツが目一杯楽しめることだ。おすすめは電子ブックで、いつでもどこでも本が読める。タブレット内に数十冊の本をダウンロードして保存しておき、好きなときに好きな本が読める。本の置き場所に困ることがないし、旅行先にたくさん持って行けるのも楽しい。もちろん、電子ブックには漫画もある。スマホでも電子ブックは読めるのだが、やはり画面サイズは大きな方が読みやすい。電子ブックを読むには8インチモデルがおすすめだ。

映画やビデオの視聴にも向いている。最近は定額の見放題サービスが充実しており、アマゾンのプライム・ビデオなら、プライム会員の年会費(3,900円)で映画やビデオが見放題だ。動画配信サービスのNetflixは、いくつかのプランがあるが月額最低650円からとレンタルビデオより割安だ。

どちらも、コンテンツの多くがダウンロードできるのがポイントだ。見たい映画をタブレットにダウンロードしておけば、回線速度に関係なく楽しめる。もちろん、出先でも映画が観られるのだ。

テレビでの映画や動画視聴も楽しいが、タブレットなら好きな場所、好きなスタイルで見られるのがいいところ。天気のよい日は近所の公園やカフェに出かけて映画を観るのもいいだろう。

来客があるときには、家族の写真を表示してフォトフレームとして使ってもいいだろう。自動で写真が入れ替わるスライドショーを表示しておけば、話のネタになりそうだ。

写真
電子ブックなら、気軽に本が楽しめる。
写真
映画や動画なども楽しい。

タブレットとしても楽しめる2in1パソコン

そろそろ、古くなってきたパソコンを買い換えようかと考えている方には、最近流行している2in1モデルをおすすめしたい。タブレットとパソコンの両方で使える製品で、日常的には普通のノートパソコンとして利用しつつ、映画を観たり、Webページをのんびり楽しみたいときには、タッチ操作で気軽に扱えるタブレットに早変わりする。家族に、パソコンに詳しくない方がいても迷わずに使ってもらえるはずだ。

2in1モデルの多くが1~1.5キログラム程度の軽さに収まっているので、持ち歩きも余裕。平日は仕事に利用して、週末は家族で使うのにも向く。

最近は、スマホとの連携も簡単にできるようになっている。例えば、スマホで撮影した写真が「Googleフォト」に保存されていれば、パソコンでも同じアルバムを扱える。時間があるときは大きくてきれいな画面で写真を楽しもう。もちろん、写真の編集や印刷もパソコンなら手軽だ。

写真
2in1パソコンは、タブレットにもなるモデルだ。写真はTransBook 3 T305で8万円台半ばで購入できる。
写真
2in1モデルはこのように角度をある程度調整できるタイプもある。
写真
キーボードを取り外すとタブレットになり、カメラが付いている製品も。
写真
Googleフォトを利用すれば写真がより楽しめる。

新しい機能「手書き」を楽しもう

最近トレンドになっているのが、パソコンやタブレットへの手書きだ。

iPad Proは専用のApple Pencilで手書きが可能。また、2in1パソコンの最近のモデルには、専用のペンに対応している製品が目立っている。いわゆるお絵かきがパソコンで簡単にできるのだ。

子供の頃には絵を描くのが好きだった方も、大人になるとその機会は少なくなりがちだ。そもそも、画用紙と絵の具を揃えて描くのは結構面倒。ところが、手書きに対応したiPad Proや2in1パソコンがあれば、好きな色を使って自由に絵が描ける。水彩画風、鉛筆画風、サインペンによるイラストなど、画面上でペンの種類と色を選べば、自在に表現できる。また、筆を洗う水なども不要だし、大きな画用紙を持ち歩く必要もない。細かな部分は、画面を拡大して描けばいい。

少し慣れてくると、絵を描くのが楽しくなるだろう。写真をバックに敷いてなぞって構図を決めることも可能なので、絵心がなくても大丈夫だ。

このように、最新のタブレットやパソコンなら、新しい楽しみが広がる。今回は取り上げなかったが、楽器を弾いたり、作曲をしたり、ビデオを編集して自分だけの映画を作ることもできる。この春から、趣味のひとつにしてはいかがだろうか。

写真
iPad Pro(69,800円より)は、キーボードを付けてパソコンのように使うこともできる。※アップル製品の価格はApple Store調べ。
写真
iPad Proで手書きを楽しんだ。専用のApple Pencil(10,800円)は絵を描きやすい。

※本記事の内容は2018年3月14日時点の情報です。

ひとことアンケートにご協力ください!

戸田 覚 プロフィール
1963年生まれ。IT・ビジネス書作家としてキャリア25年以上。「あのヒット商品のナマ企画書が見たい」(ダイヤモンド社)など著作累計140冊超。テレビ・ラジオ出演、講演なども多数行っている。また、IT系、ビジネス系を中心に連載を月間40本以上こなしている。