楽しく便利なスマートスピーカー

最近、大きな話題になっているスマートスピーカー。AIスピーカーとも呼ばれ、Google、Amazon、ソニー、LINEなどが続々とリリースしている。価格は5000円程度からなので気軽に購入できる上に、さまざまな情報やコンテンツを音声コントロールで聴くことができて驚くほど便利。また、使ってみて楽しいと思えるだろう。今回は、これからスマートスピーカーを手に入れようかと考えている方のために、使い方やそのメリットをわかりやすく説明していこう。

写真

スマートスピーカーは身近なAI

AIブームの昨今だが、「自分にとってはまだまだ先のこと」と考えている方も多いだろう。誰でもが身近に使える、いわば入門向けAIの先駆けがスマートスピーカーだ。各社から製品が発売されているが、今回はAmazonの「Echo」を例に紹介していこう。なお、Echoには、3つの製品がある。一番小さな「Echo Dot」(5980円)、今回取り上げる中堅サイズの「Echo」(1万2980円)、大きくて音の良い「Echo Plus」(1万7980円)だ。普通に買うなら、Echoがおすすめで部屋に置くスピーカーとして音楽も楽しめる。よりサウンドにこだわりたいならEcho Plusがいいし、情報取得が目的ならEcho Dotでも十分だ。

基本的な機能はスマホの音声操作に似ている。Androidスマートフォンなら「OK Google」、iPhoneなら「Hey Siri」と同じように使えるのだ。最大の違いは、スマホが情報を画面で表示するのに対して、Echoは音声で答えてくれること。例えば、天気が知りたい場合にも「今日は曇り、最高気温12度……」と話して教えてくれるので、手が離せないときにとても便利だ。また、「朝7時にアラームをセットして」と頼むことも可能だ。こちらは、寝室でも利用可能で、寝る前の暗い部屋でスマホをいじりたくないときに向いている。

「音楽を聴かせて」と頼むと適当な曲を再生してくれる。また、「ビートルズが聴きたい」とアーティスト名で再生してもらうこともできる。スマホでも同じことが可能だが、アーティストで探す操作は声で依頼した方が早いケースも少なくないだろう。

スマートスピーカーは、気軽な使い方に向いている。Echoの場合は、「東京駅までの行き方を教えて」と頼んでも「すみません、交通情報はまだお知らせできません」と返される。単に不可能なだけでなく、近々できるようになりそうなところに期待が持てる。また、話しかけ方が悪いと、あるべき情報が取れないこともでてくる。今後、学習が進むとさらに使いやすくなるだろう。

写真
EchoをiPhone Xと比較した。比較的コンパクトな円筒形だ。
写真
外側のカバーはファブリック製で、交換して楽しめる。

利用にはスマホとWi-Fiが必要だ

スマートスピーカーを使うには基本的にスマホが必要になる。Echoもスマホを利用してセットアップする。スピーカー単体でWi-Fiを利用してインターネットに接続できるのだが、最初の設定にはスマホを使うわけだ。なお、一度設定が済んでしまえば、スマホの電源をオフにしていても利用できる。ただし、追加の各種設定などはスマホから行うことになる。Echoの場合は、パソコンからもセットアップできるが、手軽なのはスマホだ。

どちらにしろ、スマートスピーカーを使う際には、スマホと組み合わせて使うと考えるとよいだろう。その上で、スピーカーが単体でWi-Fiに接続してさまざまな情報を取得したり、音楽を再生してくれる。

セットアップは、専用のアプリ(iPhone、Androidに対応で無料)をインストールしたら、画面の指示に従っていけばよい。最初にEchoとスマホをWi-Fiで接続する。続いて、アプリからEchoとWi-Fiをつなぐのだ。

この設定を済ませれば、Echoは単体でWi-Fi経由でインターネットに接続し、色々な情報を取ったり、音楽を再生できるようになる。もちろん、スマホに保存している音楽を再生することも可能で、そちらは普通のBluetoothスピーカーとして利用する。

写真
ケーブルは電源と接続するだけでいい。
写真
本体上に音量調整などのボタンがあるが、ほとんど操作はしない。
写真
スマホのアプリからセットアップする。画面はiPhoneだ。
写真
画面の指示に従って、接続していけばよいので簡単だ。
写真
設定を終えると、チュートリアルで使い方を説明してくれる。

スキルで機能を追加できる

スマートスピーカーを手に入れたら、音楽ストリーミングサービスをぜひ利用したいところだ。Echoは、「Prime Music」「Amazon Music Unlimited」「dヒッツ」に対応している。それぞれに費用が掛かるので、すでに利用している方にマッチする。なお、「Prime Music」は、Amazonプライムの会員なら、年会費だけで利用できる。つまり、音楽ストリーミングサービスに加入していないと思っている方も、実は使えてしまうケースが多いのだ。

Echoの特徴は「スキル」で機能を追加していけること。スマホのアプリに「スキル」というメニューがあるので、利用したいものを選んで追加できる。たとえば「Radiko.jp」を追加するとラジオが聴けるようになり、「クックパッド」でレシピを調べたり、「Quick」のファイナンス情報を聞くことも。個人的に気に入っているのは「波の音」で、その名の通り波の音をずっと再生してくれる。

写真
音楽ストリーミングサービスを選んで利用できます。Echoなら、「Prime Music」がおすすめ。
写真
スキルを利用すると、機能をどんどん追加できる。
写真
例えばニュースも気に入ったサービスを選べる。

スマートスピーカーは、「遠い存在だ」と、何となく思っている方も少なくないだろう。しかし、スマホとWi-Fiさえあれば誰にでも利用できる。しかも、話しかけるだけで良いので、あらゆるIT製品の中で最も簡単に使えるのだ。実は、おじいちゃん、おばあちゃんなど、デジタルリテラシーの低い家族がいらっしゃる家庭にも向いている。また、価格も手ごろなので、ギフトにも向く。入学祝いなどにも喜ばれるはずだ。

これからWi-Fiを始める方はこちら…

写真

※本記事の内容は2018年1月11日時点の情報です。

戸田 覚 プロフィール
1963年生まれ。IT・ビジネス書作家としてキャリア25年以上。「あのヒット商品のナマ企画書が見たい」(ダイヤモンド社)など著作累計140冊超。テレビ・ラジオ出演、講演なども多数行っている。また、IT系、ビジネス系を中心に連載を月間40本以上こなしている。