家のどこでもワイヤレスでテレビを見よう

自分の部屋やベランダ、お風呂場など好きな場所で自由にテレビがみられたら嬉しいと思いませんか?スマホにはテレビチューナーを搭載したモデルが少なくないので、利用している方もいらっしゃるでしょう。ところが、室内ではアンテナが機能しづらいために、きれいに映らないことがほとんどだ。また、そもそもテレビチューナーを内蔵していないiPhoneやiPad、Androidタブレットでは、残念ながら観ることができない……。

そこで今回は、手元にあるスマホやタブレット、パソコンでテレビを視聴できる「ワイヤレステレビチューナー」を紹介する。もちろん、iPhoneでもテレビが観られるようになる。

写真
ベランダなどでもテレビが視聴できます。

ワイヤレステレビチューナーの仕組み

今回紹介するワイヤレステレビチューナーは、ピクセラの「PIX-BR310W」(実売1万4000円程度)だ。まずは、その仕組みを簡単に説明しておこう。

テレビを観るための機能はワイヤレステレビチューナーが担っているので、アンテナに接続し、B-CASカードも挿入。さらに、家庭のアンテナ線につなぐことで、上々の画質で視聴できるわけだ。

スマホやタブレット、パソコンには、Wi-Fiでテレビの画像を飛ばして視聴する。利用にあたっては、無料で提供されている専用のアプリが必要になる。Wi-Fiの電波が届いていれば、家中どこでも快適にテレビが観られるのが嬉しいポイント。もちろん、視聴する機器にチューナーが入っていなくてもOKだ。つまり、ほとんどのスマホ、タブレット、パソコンで視聴可能。iPhone、iPad、Androidスマートフォン、Windowsパソコンに対応している(動作環境はこちらで確認)。

ただし、普段はパソコンで視聴していて、休みの日はタブレットでテレビを観たい――といったときには、アプリ側でチューナーを切り替える必要がある。同時には1台の機器でしか視聴できないわけだ。

写真
ワイヤレステレビチューナーを利用すると、Wi-Fiでテレビ番組が視聴できる。
写真
ワイヤレステレビチューナーは、単行本程度のサイズなので置き場所を選ばない。

セットアップは簡単

ワイヤレステレビチューナーのセットアップは簡単だ。本体を取り出したら、説明書の指示に従って、B-CASカードをセットして電源に接続する。もちろん、B-CASカードは標準で付属している。あとはアンテナ線を利用して自宅のアンテナ端子に、有線LANケーブルを使って無線LANアクセスポイントに接続すればOKなのだが、ここがちょっと問題だ。そもそも、部屋のアンテナ端子と無線LANアクセスポイントが近くにないと接続が厳しい。もちろん、長いケーブルを使ってもよいのだが、見た目がよろしくない。

なお、多くの無線LANアクセスポイントには有線LAN用のポートが用意されているので、有線LANケーブルでつなぐことができるはずだ。

これから購入しようと思っている方は次の点を確認しておこう。

  1. アンテナ線と無線LANアクセスポイントからの有線LANケーブルがつなげる位置に、ワイヤレステレビチューナーを置けること
  2. アンテナケーブルと、有線LANケーブルの長さが足りていること
  3. スマホやパソコンがワイヤレステレビチューナーの対応機種であること(よほど古い機種以外はだいたい大丈夫だ)
写真
ワイヤレステレビチューナーにB-CASカードをセットする。
写真
アンテナと有線LANに接続する。

有線LANポートが搭載された、無線LANアクセスポイントはこちらから購入いただけます。

録画のためにはハードディスクが必要

さて、PIX-BR310Wで番組を録画するためには、USB接続のハードディスクが別途必要になる。なお、録画せずにスマホやパソコンでテレビを観るだけなら不要なので、しばらく視聴して満足してから録画の環境を整えてもOKだ。

ハードディスクは2TB以下という条件があるので、僕は手元にあった古いポータブルハードディスクを利用した。ワイヤレステレビチューナーに接続してセットアップする時点でフォーマットするように指示されるので、専用に使うと考えた方が良い。最近、USB接続のハードディスクはかなり値下がりしており、2TB以下なら数千円で購入できる。

ちょっと面倒な気もするが、実はこれがとても理にかなっている。というのも、テレビの録画データは動画なので容量が多くなる。スマホやタブレットのストレージにはさほど余裕がないのでどんどん録画していたら、スグに満タンになってしまうだろう。

写真
ハードディスクを接続すると録画できるようになる。フォーマットするので専用に使うと考えよう。

いよいよテレビを視聴する

続いて、スマホにアプリをインストールしてセットアップを進めていく。ここでは、Androidスマートフォンを使っているが、iPhoneでも作業はほぼ同様だ。また、パソコンでも視聴できる。

同じWi-Fiに接続していれば、チューナーが自動的に表示されるので、選択すれば接続完了。次に、最初の1回のみチャンネルをスキャンする。数分程度で作業が完了し、テレビが視聴できるようになる。スマホから観たいチャンネルを選べばOKで、普通のテレビ視聴とほぼ同じ感覚で扱える。タイムラグもさほどないので、違和感なく観られるだろう。

番組表は、最初は情報が表示されないが、それぞれのチャンネルを少し視聴すると表示されるようになる。

なお、Wi-Fiの電波が弱いと快適には視聴できないので、その点だけは気をつけておこう。ベランダなどで楽しみたい場合には、まず電波の状況を確認したい。

自宅のWi-Fi環境を手軽に確認する方法はこちら

録画も手軽にできる

録画予約をするには、前記のようにまずハードディスクがつながっている必要がある。手順は簡単で、番組表をタップして番組を選択し「予約」ボタンを押すだけで良い。裏番組の録画は可能だが、2番組の同時録画はできないので注意しよう。

録画した番組は一覧表形式で並ぶのでタップすれば視聴できる。メニュー体系などもシンプルなので簡単に使えるはずだ。

なお、オプションのアプリを購入すると、出先からの視聴も可能になる。使い慣れてきたら検討するとよいだろう。

家の好きな場所で、高画質なテレビ視聴ができるのはとても楽しく、やみつきになりそうだ。これからオリンピックに向かってスポーツも盛んになっていくはずなので、興味がある方はぜひ手に入れて欲しい。家の視聴環境が整っていれば、地デジ、BSデジタル、CSが視聴できる。

ワイヤレスTV(StationTV)
ワイヤレスTV(StationTV)

無線LANを利用して、アンテナ端子のない部屋や、キッチン、トイレ、バスルームなど、いろいろな場所でデジタル放送を楽しめます。
※本アプリのみでは視聴できません。

Get it on Google Play

※本記事の内容は2017年12月13日時点の情報です。

関連キーワード:

戸田 覚 プロフィール
1963年生まれ。IT・ビジネス書作家としてキャリア25年以上。「あのヒット商品のナマ企画書が見たい」(ダイヤモンド社)など著作累計140冊超。テレビ・ラジオ出演、講演なども多数行っている。また、IT系、ビジネス系を中心に連載を月間40本以上こなしている。