インターネットが遅いと感じるならチェック! Wi-Fi環境をズバリ改善する方法を紹介

Wi-Fiの遅い部屋があるのでどうにかしたい――といった相談をよく受ける。確かに、快適にインターネットが使えないとイライラするものだ。

写真

そこで今回は、まず家の中のWi-Fi環境を確認してみよう。本当に速度が遅いのか、つながりづらいのかが把握できるはずだ。もちろん、解決策も用意した。中継機を利用すれば、さほど費用を掛けずに快適なインターネット環境が構築できるのだ。

家中どこでもWi-Fiを使いたい

スマホは常にインターネットにつながっているが、家の中ではWi-Fiを使いたいところ。通信容量も節約したい人が多いだろう。最近はパソコンだけでなく、テレビやゲーム機などもインターネットにつなぐのが当たり前になってきた。電波状況が悪い部屋があると、家族からクレームがでることもある。基本的には、Wi-Fiルーター親機から離れたり、壁を隔てると通信速度が落ちていき、つながらないケースもでてくる。

まずは、家の中のWi-Fi環境がどこまで快適なのかアプリを使って簡単にチェックしてみよう。オススメのアプリが「Wi-Fiミレル」だ。iPhoneとAndroidスマートフォンの両方で利用可能となっている。無料なので気軽に利用できる。

アプリをインストールすると、接続しているWi-Fiの今いる場所の電波の強度がわかりやすく表示される。100に近いほど電波が強いのだ。

写真
Wi-Fiミレルを起動すると電波の強度が表示される。
Wi-Fiミレル
Googleマップ

「Wi-Fiミレル」は、ご自宅やオフィスなどのWi-Fi環境を計測し、表示することができるアプリです。 現在接続されているWi-Fiの電波強度やヒートマップなど、Wi-Fi電波を“見える化”することで、より快適なWi-Fi環境を実現するお手伝いをします。

Get it on Google Play

部屋のWi-Fi強度マップを作ろう

部屋の位置を移動して電波の強度を計測してみると実態がわかるので、どんどん試していこう。とはいえ、よりわかりやすくするために間取り図を作成するのがベストだ。

まず、適当な紙に部屋の間取り図を書く。もちろん、自分でわかれば良いのでだいたいでOKだ。続いて、スマホのカメラで撮影しておけば準備完了だ。

Wi-Fiミレルの「ヒートマップ」機能をタップして、「+」ボタンを押す。Androidの場合は、右上のマークから撮影した写真を選ぶと手書きの間取り図が読み込める。(iPhoneの場合は、画面下部の「間取り」という文字をタップすると同様に間取り図が読み込める。)

間取り図を読み込んだら、部屋の色々な位置に移動して、自分がいる位置を間取り図上でタップしてみよう。すると、電波の強さが色で表示される。「子供部屋は全体に遅い」「テレビのネットが遅いのは電波強度が足りないのか」といったことが、手に取るようにわかるはずだ。

非常に面白く興味深いので、ちょっと時間があるときに家族でチェックしてみると楽しいはずだ

写真
手書きの間取り図を利用してWi-Fiの強度をチェックする。
写真
右上の方が電波が弱いことがわかる。そこにテレビを置いているのだ。

中継機を使おう

Wi-Fiの電波強度が弱い場合にはいくつかの対処方法がある。まず親機を移動する方法だが、そもそもインターネットにつながっている配線の問題があってかなり難しいだろう。もうひとつは、電波の強い親機に買い換える方法だ。ただし、価格の高い高性能モデルでなければ、電波が強くないのでちょっと負担だ。

手軽な解決策が中継機の利用で、親機に比べると価格も手ごろだ。中継機は親機の電波を受けて、再度電波を発してくれる。つまり、快適に通信できるエリアを拡張してくれるのだ。

中継機にも色々な種類があるので選び方のコツを紹介しておこう。これから買うなら、通信規格「11ac」に対応しているモデルを選びたい。最新かつ普及している規格なので、万一現在使っている親機が非対応でも、次に買い換えたり交換したときには、ほぼ間違いなく11ac対応になるはずだ。また、通信速度は最大867Mbpsに対応している製品を選びたい。最新モデルなら、ほぼこの条件はクリアしているはずだ。

中継機には、コンセント差し込み型とケーブルで接続するタイプがある。どちらを選ぶかは好み次第だ。スッキリ設置したいならコンセント差し込み型がいい。逆に自由な場所に置きたいとか、コンセントがタンスの裏になっているようなケースでは、普通にACアダプターでつなぐ製品を選ぶと良いだろう。

ちなみに、コンセント差し込み型の製品でも延長コードを使えば好きな場所に設置できる

今回は、コンセント差し込み式のNECの中継機を利用した。

写真
今回利用したのはNECの「Aterm PA-W1200EX」だ。
写真
コンセントに直接差し込むタイプなのでスッキリと設置できる。
写真
このようにコンセントに設置できる。
写真
有線LANにも接続可能だ。

中継機の効果を確認してみよう

中継機を設置したら、その効果をWi-Fiミレルで確認してみよう。中継機設置以前は真っ赤だった部屋の片方が薄いピンクにまで改善した。超快適とは言えないが、実用上ストレスを感じることなく使えるようになった。

テストしてみて思い通りの快適さにならない場合には、中継機の置き場所を変更してみることをオススメする。マップを参考に、ほぼ緑色の範囲に中継機を置くのがコツだ。

例えば、これから新しいテレビを買う方は、必ず購入前に確認しておくことをオススメする。設置場所の目安になるし、動画配信サービスなどを使いたいなら中継機の設置を考える目安にもなるだろう。

写真
中継機を設置したら、赤い部分がなくなった。

中継機は手ごろな価格で、家の中のインターネット環境を大いに改善してくれる。インターネットが遅いとイライラしているなら導入を検討してみると良いだろう。

そもそもの電波状況にもよるが、例えばベランダや浴室などでも快適に使えるようになる可能性も高い。入浴しながらビデオを見たり、ベランダで音楽を聴きながらのんびりと過ごすのも気持ちが良いものだ。

今回紹介した中継機の兄弟モデル「PA-W1200EX-MS」は、時間センサーを搭載している。近くを人が通ると検知してランプを点灯する。夜中にトイレに行くときにはとても便利だ。また、アプリやメールで人の通過を知らせる機能もあるので、旅行中の防犯対策などにも利用できる。

写真
「PA-W1200EX-MS」は、人感センサーを登載した上位モデルだ。
写真
NEC 無線LAN中継機 867Mbps(11ac対応)
本記事でご紹介している無線LAN中継機はe-mansion lifeでご購入いただけます。


ご購入はこちら

※本記事の内容は2017年10月12日時点の情報です。

ひとことアンケートにご協力ください!

関連キーワード:

戸田 覚 プロフィール
1963年生まれ。IT・ビジネス書作家としてキャリア25年以上。「あのヒット商品のナマ企画書が見たい」(ダイヤモンド社)など著作累計140冊超。テレビ・ラジオ出演、講演なども多数行っている。また、IT系、ビジネス系を中心に連載を月間40本以上こなしている。