安くて思ったよりカンタン!初めての格安SIM

今回は、話題の格安SIMについて説明していこう。まだ使ったことがない方も、そろそろ気になっているはず。通信料金が節約できるのだからデジタル製品に関する知識があまりない方でも、関心は高いはずだ。

今回はメリット・デメリットを含めて初めての方向けにわかりやすく説明していく。

写真

本当に格安SIMは安いのか?

まずは、下の請求書を見て欲しい。これは実際に僕が使っている格安SIMの請求書だ。

写真

家族でシェアするプランを利用しており、全部で6台のスマホを利用して、請求額は6000円を切っている。つまり、1台あたり1000円程度なのだ。このうち2台は通話ができるプランを選んでいる。6台も使っているのは、家族分だけではなく、仕事柄利用するスマホやタブレットでの通信も含んでいるからだ。

皆さんは、まず自分の1台を格安SIMにすると良いだろう。たとえば「つなぐモバイル Powerd by mineo」を利用した場合、費用は普通に電話ができるプランで、1500~1600円程度だ。このプランでデータ通信容量3GB程度なので、普通に使う上で何ら不自由することはない。

いま使っているスマホの費用と比べて欲しい。端末代金が含まれているケースもあるのだが、それを除いて考えても相当に安く上がるはずだ。

格安SIMのメリット

言うまでもなく料金が安く上がることに尽きる。例えば、毎月5000円の通信料金が2000円になったならば、月々3000円の節約。年間で3万6000円も違う。3年も使えば、海外旅行に家族で出かけられるだろう。

これまでに使っていた電話番号もナンバーポータビリティを利用すれば問題なく引き継げるし、アプリも普通に使える。

また、多くの事業者が数え切れないほどのサービスを提供しているので、自分に合ったプランを選びやすいメリットもある。まあ、一般的にはデータ通信容量が3GB程度のプランを選んでおけば良いだろう。いま使っている大手キャリアのプランを調べて、適切な容量を選べばいい。容量が少ないけれど激安なプランから、逆に大容量のプランや、LINEなどが使い放題のプランも、事業者によっては選べる。

いわゆる2年しばりがないので、切り替えはある程度負担なくできる。ただし、事業者によって音声通話機能を利用した場合には、1年程度の最低利用期間が設けられていることがある。実質的には1年以上使わないと、数千円から1万円程度の違約金が発生する。

なにより、いま使っているスマホのほとんどで使えるのがうれしい。大手キャリアで購入したスマホも対応する格安SIMを選べば利用できるのだ。

写真
著者が利用しているiPhoneも格安SIMで利用している。

格安SIMのデメリット

当然だが、大手キャリアが提供しているサービスは利用できなくなる。例えば、各キャリアそれぞれのメールが使えなくなる。また、海外旅行に出かけた際にデータ通信の国際ローミングサービスも使えない。また、通話のローミングは事業者によって使えないケースもある。おそらくこの点が、最も見落としがちで困るので気をつけて欲しい。

基本的には料金は安くなるのだが、通話の多い方は電話のかけ放題サービスがないことにも留意したい。格安SIMでも、事業者ごとに5分以内などのかけ放題サービスが提供されているのでそちらを選ぶ手もある。もしくは、LINE電話などのIP電話を利用すれば通話料はかからない。

僕が毎日使っていて、最も感じるのが昼休みの速度低下だ。通信が混雑する時間帯は速度が遅くなるケースがある。特に動画を見るには遅すぎると感じることがあるので、気をつけよう。ただし、気になるほど速度が落ちるのは昼のひとときだけだ。

写真
格安SIM利用時の速度を調査した。この時は朝なので3Mbpsで通信できている。

格安SIMの使い方

格安SIMを使うのは意外に簡単だ。サービスを申し込みSIMが届いたらセットして、アクセスポイント(APN)を設定すれば完了だ。APNはスマホによって選ぶだけで終わるケースと、自分で設定するケースがあるが。後者も、格安SIM事業社のホームページなどで確認すれば簡単に設定できる。うまくいかない場合は、スマホを再起動すればOKだ。

申し込みの際には、まずSIMのサイズに気をつけて欲しい。該当するサイズでなければセットそのものができない。格安SIM事業者のサイトに対応機種とSIMのサイズが掲載されているはずなので確認すれば万全だ。

さて、問題はナンバーポータビリティで電話番号を引き継ぐケースだ。これは、キャリアを乗り換える時と同じだが、まずいま使っているキャリアの番号を引き継ぐ申し込みをし、専用の予約番号をもらう必要がある。なお、予約番号は使える期間が決まっているので、その間に作業する必要がある。

切り替えの手順は格安SIM事業者のウェブページに記載されているので確認したい。

写真
格安SIMを使うには、SIMカードを入れ替える必要がある。
写真
APN設定を行えば使えるようになる。

注意事項などがあるので、たくさんのポイントを書いてしまったが、格安SIMへの切り替えは少しも難しくない。使ってみると、あまりの料金の安さに嬉しくなるだろう。速度もやや遅くなるが、多くの方はさほど気にならないだろう。

キャリアのメールや通話し放題サービスが使えなくなること、海外での通信で少々困ること――以上が我慢できるなら早速乗り換えることをおすすめする。ほぼ、今まで通りに使えて料金が安くなるのだから言うことなし。自分が使ってみて納得できたら、家族全員で乗り換えるとベストだ。

※本記事の内容は2017年9月21日時点の情報です。

ひとことアンケートにご協力ください!

戸田 覚 プロフィール
1963年生まれ。IT・ビジネス書作家としてキャリア25年以上。「あのヒット商品のナマ企画書が見たい」(ダイヤモンド社)など著作累計140冊超。テレビ・ラジオ出演、講演なども多数行っている。また、IT系、ビジネス系を中心に連載を月間40本以上こなしている。