旅行日記が自動完成! Googleマップのタイムラインを使おう

Googleマップは、日々機能が進化している。ちょっと目を離していると、新しい便利な機能が追加されていて驚くことも少なくない。

今回は、Googleマップ上で移動や旅行の記録をチェックできる「タイムライン」機能を紹介しよう。考えてみれば、一昔前まで、旅行の記録などほとんど残していなかっただろう。日記などを付けていない限り、いつどこに行ったのかはあいまいにしか記憶していなかったはずだ。かといって、日記などを付ける習慣がない人が、今から旅行の度に情報を整理して記録するのも無理がある。

そこでおすすめなのが、Googleマップのタイムライン機能というわけだ。特別な作業をしなくても、自動的に移動や旅行の記録が保存しておける。その素晴らしさは、追々見ていただくとして、まずは利用できるように設定していこう。なお、以降の操作は、すべて同じGoogleのアカウントでログインした状態で進めていく。

iPhoneでの設定

iPhoneで設定しておけば、パソコンのGoogleマップでタイムラインを閲覧可能だ。また、iPhoneのブラウザーでも閲覧できる。

Androidスマートフォンでの設定

Androidスマートフォンで設定を済ませておけば、パソコンもしくは、AndroidのGoogleマップで閲覧可能だ。

タイムラインを見る

Googleマップのタイムラインは、位置情報を地図上に記録して、移動している様子が保存されている。ログインしている本人しか見ることができないので、安心して利用できる。さらに、タイムラインにはGoogleフォトにアップロードしている写真に位置情報が入っていれば移動先と一緒に写真も見ていける。

タイムラインは、パソコンのブラウザ-、Androidスマートフォン、タブレットはGoogleマップアプリで使える。ここでは、パソコンのブラウザーで表示する方法を中心に説明するが、スマホでの作業も基本操作は同じだ。なお、iPhoneでも表示は可能なのでその方法も併せて紹介する。

Googleフォトの記事はこちら

特別な操作をしなくても、自分が移動した情報を丸ごと記録しておき、表示してくれるのがタイムラインの良いところ。旅行の想い出を振り返ったり、出張の記録を後から付けるときに役立つはずだ。もちろん、Googleのサービスなので無料で利用可能。ぜひ、今日から使ってみて欲しい。

※本記事の内容は2017年2月14日時点の情報です。

ひとことアンケートにご協力ください!

戸田 覚 プロフィール
1963年生まれ。IT・ビジネス書作家としてキャリア25年以上。「あのヒット商品のナマ企画書が見たい」(ダイヤモンド社)など著作累計140冊超。テレビ・ラジオ出演、講演なども多数行っている。また、IT系、ビジネス系を中心に連載を月間40本以上こなしている。