Googleマップで場所を登録する2つの方法

Googleマップの活用法を紹介するコラムの第2回目は、場所の登録について掘り下げていく。旅行や仕事で訪問する計画をGoogleマップで立てることも少なくないだろう。そんな時には、行き先を事前に登録しておくと便利。いちいちあとで検索する必要がなくなり、すぐに呼び出せるようになる。

今回は、スターマークを付けて登録するシンプルな方法と、マイマップを作成するちょっと応用的な使い方を紹介していく。どちらの方法でも、パソコン、スマホ、タブレットなどで登録情報を共有できるのが画期的だ。

写真

アカウントと場所探し

まずは、すべての作業の前にGoogleのアカウントでログインができていることを確認しておきたい。パソコンの場合、Googleマップの右上に名前のマークが表示されていればOK。ログインができていない場合には「ログイン」というボタンが表示されているはずなので、クリックしてログインする。Googleのアカウントを持っていないなら、作成してからログインし、作業を進めて欲しい。

場所の検索は、左上の検索ボックスにテキストを入力して探す。住所や施設の名前での検索が可能だ。施設名の場合には複数の候補が表示されるケースが多いので住所などを参考に選ぶとよい。

写真
まずはパソコンのブラウザーでGoogleマップを起動する。右上のマークでログインできていることを確認しよう。
写真
続いて、行きたい先を検索する。左上のボックスに住所や施設名を入力すれば探せる。

スターマークで登録する

検索で目的地が見つかったら、左部分のメニューからスターマークをクリックして保存しよう。検索をせずに、直接地図上で見つけた場所も施設名をクリックすると同じメニューが表示されて、スターマークが利用できるようになる。施設名が表示されない場合は地図を拡大すればだいたい表示されるはずだ。

登録した場所は、メニューの一覧にある「マイプレイス」から確認できる。同じアカウントでログインしていれば、スマホなど他の端末でも利用可能だ。例えば、パソコンで登録した地図をスマホで見たり、その逆も対応している。

自分だけの地図を作成する

旅行の計画などで、色々な場所を訪れたいときには、「マイマップ」機能で専用の地図を作成して、色々な場所を登録しておくと便利だ。

パソコンを使って観光地をまとめて登録しておき、旅行先ではスマホを開くだけで、訪問先の候補がすぐに見つかるようになる。特に、外出先で場所を調べにくい海外では重宝するはずだ。出かける前に自宅で旅行ガイドなどから住所を入れて検索し、登録していけばよいだろう。

マイマップは、パソコンのほか、Androidスマートフォンでは専用のアプリ「Googleマイマップ」を利用すれば作成可能だ。iPhoneでもGoogle製の対応アプリの登場が待たれる。

Google マイマップ(無料)
Google マイマップ

Googleマイマップアプリを使ってAndroid端末から自分の地図を作成、編集しましょう。Googleマイマップでは次の操作ができます。
– 新しい地図の作成や、ウェブや他の端末で作成された地図の編集
– 場所を検索し、自分の地図に保存
– 現在地や他の場所にポイントの追加
– 地図で保存済みの場所へのルート検索と表示

Get it on Google Play

登録したマップを活用する

登録したスポットは、ルート検索などにも利用できる。パソコンではマーカーをクリックして、「ここまでのルートを表示」を選べば良い。出発地点を指定すれば自動車や電車での移動ルートが表示可能だ。ここで検索したルートは、レイヤとして保存されるので、スマホで開いても閲覧できる。つまり、旅行の予定を自宅のパソコンで作成し、出先ではスマホでも見られるわけだ。

スマホでも、マーカーをタップすれば簡単にルート検索ができる。旅行先で見どころを回るときにもぜひ活用して欲しい。

Googleマップは、単に地図を見たり場所を検索するだけでなく、行き先を登録して、自分だけの地図帳として活用すると非常に便利だ。パソコンやスマホなど複数の端末を利用しているなら、ぜひ利用して欲しい。営業の訪問先を登録するなど、仕事にも役立つこと請け合いだ。Googleのアカウントさえあれば、無料で使える。

※本記事の内容は2017年1月19日時点の情報です。

ひとことアンケートにご協力ください!

戸田 覚 プロフィール
1963年生まれ。IT・ビジネス書作家としてキャリア25年以上。「あのヒット商品のナマ企画書が見たい」(ダイヤモンド社)など著作累計140冊超。テレビ・ラジオ出演、講演なども多数行っている。また、IT系、ビジネス系を中心に連載を月間40本以上こなしている。