すぐ習得できるGoogleマップの便利機能

今回から、Googleマップの活用方法を2回に分けて紹介していく。おなじみのGoogleマップだが、実は数え切れないほどの機能が搭載されていて、すこし使いこなすだけでも日々の生活が便利になる。例えば、どこかに出かけるときには、電車の乗り換えと徒歩を含めた時間を表示してくれる。その上で、近くのおいしいお店、コスパの高いお店から、希望の時間に利用できるATMまで簡単に探せる。
画面は基本的にiPhoneで進めていくが、他のスマホやパソコンでも基本的に同じことができる。

第1回目は、目的地を探して色々な情報を集める手順を紹介していく。いわば、Googleマップの基本操作だが、実はあなたの知らない機能も多く含まれているはずなので、ぜひ押さえておいて欲しい。

写真

くわしく移動ルートを確認する

どこかに出かけるときには、どうやって調べているだろうか? 多くの方が最寄り駅を探したり聞いたりして、乗換経路探索アプリで電車のルートを調べる。現地に着いてから、地図アプリを開いて道順を見る――こんな手順で探しているだろう。

ところが、Googleマップを利用すれば、もっと簡単に徒歩を含めたすべてのルートが調べられる。地図の使い方はこれまでにご存じの通りだ。指でスクロールして場所を選び、2本指で開いたり、閉じたりすることで拡大縮小ができる。また、訪問先の住所や名称が分かっているなら、画面上の「Googleマップを検索する」にテキストで入力して検索するのもよい。

行き先がみつかったら、長押ししてみよう。つまり、少し押し続ける感じだ。これで、オレンジ色の水滴のようなマークが表示され、その場所を選ぶことができる。画面下に住所や建物の名前などが表示されて、電車などのマークが付いているはずだ。このマークをタップすると、利用する交通機関を変更可能だ。

写真
まず行き先を探す。地図上で探しても良いし、スクロールしてもOKだ。場所を長押しするとオレンジ色のマークが表示される。右下の乗り物マークをタップしよう
写真
乗り物マークをタップすると、上の方に電車や車のマークが表示されるので交通機関を変更する。また、現在地ではなく、2地点の移動を調べたいときには、ここで出発地をタップして別の場所を選んでいく。

徒歩のルートも確認する

乗り物の種別が表示されたら、電車マークをタップするといくつかのルートが表示される。電車で行けない場所だったり、区間が近すぎる場合は徒歩と自動車のみの表示になる。

ルートがいくつか表示されたら、好みのものをタップしてみよう。より詳しくルートの説明が表示されるので、徒歩の部分をタップしてみよう。すると、詳しい地図が表示されて、どんなルートを歩くのかがよくわかる。

初めて行く先では、予定されている徒歩時間の+5分程度を目安に余裕を持ちたい。また、長く歩きそうなら、天候の悪い日には傘や靴にも気をつけたい。徒歩15分を超えるようならタクシーの利用を検討しても良いだろう。経路オプションでは、バスの利用や徒歩の優先度合いを指定できるので自分の希望に合わせて変更してもいい。

初めて行く先では、ストリートビューを使って、建物の周囲を見ておくと安心だ。現地に到着して迷う前に、「コンビニの入っているビルの上か」「小さな公園の隣だ」といった情報を確認しておける。

写真
詳しいルートが表示されたら、スクロールして「徒歩」の部分の「地図」をタップする。
写真
徒歩のルートが地図上に表示されるので、どのくらい歩くのかがよくわかる。
写真
3つ前のルート選択の画面で「オプション」をタップするとバスの利用の優先度、「徒歩を少なくする」といったオプションが選べる。
写真
ストリートビューは乗換の画面を閉じて、最初のオレンジマークが表示された状態に戻ると利用可能。画面に表示されている写真をタップする。

行き先でお店などの情報を探す

訪問先の情報も色々と調べられるのがGoogleマップの特徴の1つだ。これまでは、例えば仕事で初めて訪れる駅で、土地勘もないようなとき、近くで食事をするなら「●●駅 グルメ」などと検索して調べるのが一般的だった。しかし美味しそうなお店を見つけても、目的地と反対方向だったり、駅から離れていたりということはよくあるだろう。

そこで、Googleマップの出番だ。行き先にマークが表示された状態で、画面左上の3本バーのマークをタップしてメニューを開いたら、「周辺のスポット」をタップする。すると、近くのお店がカテゴリごとに表示される。朝食、カフェ、ランチなどに向いたお店を見つけられるのだ。店内の写真をチェックしたり、営業時間や口コミ情報も見られる。例えば「人気のランチスポット」をタップすれば、口コミで評価の高い人気のお店もすぐに探せる。

出先でお金を下ろしたいなら、オレンジのマークが表示されている状態で、「ATM」と入力して検索すると、近くのATMが地図上に表示される。画面下のリストをタップすると営業時間なども表示されるはずだ。

なお、出かける先の調べごとをしたい場合には、オレンジのマークが非表示になって困ることがある。あらかじめ、★マークを付けて保存しておくと簡単に調べられて便利だ。

写真
画面左上から、3本バーをタップしてメニューを開き「周辺のスポット」を選ぶ。
写真
近くのお店が見つかる。ランチやお茶など用途に合わせて選ぼう。
写真
近くのATMも検索で探せる。詳しい情報を見ると営業時間もわかる。
写真
行き先にオレンジのマークが表示されたら、画面下のメニューを上にスライドし、★マークをタップすると場所を保存できる。不要になったらもう一度タップすれば良い。
写真
大きなビルや駅などは、拡大していくと別のフロアも表示できるようになる。

Googleマップは、場所を調べるだけのために使っていたらもったいない。少し機能を理解して使いこなすだけでも驚くほど便利で、楽しく移動できるようになるはずだ。出かけた先で「近所にATMがありますか」と尋ねても、ベストな回答が得られるとは限らない。Googleマップを使いこなすのが最も効率的だ。

次回は、行き先を登録して活用する方法を紹介していく。

※本記事の内容は2016年12月15日時点の情報です。

ひとことアンケートにご協力ください!

戸田 覚 プロフィール
1963年生まれ。IT・ビジネス書作家としてキャリア25年以上。「あのヒット商品のナマ企画書が見たい」(ダイヤモンド社)など著作累計140冊超。テレビ・ラジオ出演、講演なども多数行っている。また、IT系、ビジネス系を中心に連載を月間40本以上こなしている。