家族の予定を共有しよう

今回は、パソコンやスマホを利用して家族の予定を共有する方法を紹介しよう。「運動会はいつだっけ?」「お父さんが出張や飲み会で食事がいらない日は?」「燃えないゴミは火曜かな?」 家族の予定を共有しておけば、こんな情報をいちいち聞かなくてもすぐにわかる。日々の生活に役立つのはもちろん、休日や旅行の計画なども立てやすいはずだ。

今回は「TimeTree」というサービスを利用する。無料で簡単に使えるので、ぜひチャレンジしてみて欲しい。

写真

共有のカレンダーを使えるようにする

TimeTreeは、パソコンとスマホの両方で使えるサービスだ。パソコンでは、ブラウザ上から利用し、スマホにはアプリをインストールするのがおすすめ。アカウントを登録すればパソコンとスマホのデータを同期して利用できるので気軽に試してみよう。

ここでは、まずパソコンで利用を開始し、スマホのユーザーを招待する手順を紹介する。お父さんがパソコンで利用を開始して、家族を誘って使うと考えればよいだろう。
利用にあたっては、まずブラウザで「TimeTree」と検索してサービスのページを開く。URLはこちらだ。

TimeTree【タイムツリー】 – グループでのスケジュール共有とプライベートの予定管理ができるカレンダーアプリ

まず、お父さんのアカウントを作ろう。メールアドレスを入力し、パスワードを設定すればOKだ。

写真
https://timetreeapp.com/を開いて、TimeTreeのアカウントを作る。
写真
この画面が開けば利用スタートだ。
写真
左下の顔のマークをクリックして「マイプロフィール」を編集しよう。自分の名前や顔写真を入れると家族にも分かりやすくなる。また、誕生日を入れておけばカレンダーに表示可能だ。

家族を招待する

プロフィールを作成し終えたら、今度は家族を招待しよう。使い方はカンタンで、TimeTreeの画面からURLを取得してメールで送れば良い。招待された側は届いたメールのULRをクリックすれば良い。

ウェブページが開き、ブラウザ上で使えるようになる。スマホではアプリのインストールボタンが表示されるので、タップしてインストールするとより便利に使えるようになる。

ここからの手順は上記と同じで、メールアドレスとパスワードでアカウントを作成して利用を始めれば良い。家族も、自分が分かりやすいようにプロフィールを変更しておくことをおすすめする。

写真
画面上のメニューを開いて、リンクをコピーする。
写真
メールアドレスの本文にリンクを貼り付けて家族に送信する。SNSなどでシェアしても大丈夫だ。
写真
メールが届いたらURLをクリックし、この画面が開いたら「今すぐ参加」をタップして利用する。画面はスマホで、アプリもインストールできるようになっている。
写真
こちらは、パソコンで届いたメールのリンクをクリックした画面だ。

家族で同じ予定を見る

設定が終わったら、参加した家族全員に同じカレンダーが表示される。例えば、お父さんが出張の予定を入れたら、他の家族のカレンダーにも自動で表示されるわけだ。一般的なカレンダーでは、ダブルブッキングを防ぐようにするが、TimeTreeでは家族の予定が重なってもかまわないと考えて使おう。

予定の入力は、一般的なカレンダーアプリと同じだ。内容をテキストで入力して日時を決めれば良い。自分で入力した予定は自分の名前で表示されるので、家族の誰のスケジュールなのかがすぐに分かる。繰り返しの予定にも対応するので、ゴミの日や部活、習い事などは一気に登録できて楽だ。家族の予定を見分けやすくしたいなら、設定画面で色を変更しておくと良いだろう。

パソコンで入力した予定をスマホで管理することもできる。家族全員がそれぞれ、パソコンとスマホの両方で自由にスケジュールを管理できる。スマホのアプリは「TimeTree」で検索するとすぐに見つかるはずだ。

写真
予定の入力は画面右上の「+」ボタンで入力できる。
写真
入力した予定がカレンダーに表示された。
写真
こちらは家族がスマホで予定を入力しているところ。作業はほとんど同じだ。
写真
家族の予定が同時に表示されるのが便利なところ。みんなの都合が良い日がすぐに分かる。14日は休みなのでジョギング後は子供の合宿の準備を手伝う――といったこともできそうだ。
写真
家族の予定を見やすくするには、設定画面で色を変えておくとよい。

TimeTreeは、家族や友人などとスケジュールを管理するのに向いている。仕事の予定をGoogleカレンダーなどで管理しているなら、あえて同期せず、プライベートな予定を別に管理していくと良いだろう。

どちらにしろ、平日の日中は会社や学校に行っていると家族も思っている。イレギュラーな休みや休日の外出予定を記録しておくことで、お互いに便利にコミュニケーションが取れるようになる。重宝するのでぜひ使って欲しい。

※本記事の内容は2016年11月15日時点の情報です。

ひとことアンケートにご協力ください!

関連キーワード:

戸田 覚 プロフィール
1963年生まれ。IT・ビジネス書作家としてキャリア25年以上。「あのヒット商品のナマ企画書が見たい」(ダイヤモンド社)など著作累計140冊超。テレビ・ラジオ出演、講演なども多数行っている。また、IT系、ビジネス系を中心に連載を月間40本以上こなしている。