家計簿アプリで夫婦のサイフをしっかり管理

家計簿ノートを始めたものの続かず「来年こそは家計簿を付けて節約しよう!」と思っている方も少なくないはずだ。

前回のスキャナーと家計簿アプリを連携できる記事に引き続き、今回は家計簿アプリ「Zaim」の具体的な使い方を説明する。機能は大変豊富なので、まずはスタートを切るまでの簡単な方法をコンパクトにまとめた。また、ただ使うのではつまらないので、夫婦別のおサイフで支出を管理していく方法を紹介しよう。共働きの方には便利な方法だ。

写真

Web版で始めよう

Zaimには、Androidスマホ、iPhone向けアプリの他にパソコンで家計簿を付けるための「Web版」が用意されている。ちょっと古いWindowsパソコンやMacでも利用できる。Googleなどで「Zaim」と検索してホームページを開き、「Web版」をクリックすれば利用できる。まずは、メールアドレスとパスワードを入力してユーザーアカウントを作成する。ここまではとても簡単なので、詳しい説明は割愛する。

日本最大級のレシート家計簿アプリ・オンライン家計簿「Zaim」

写真
Zaimのウェブページを開いたら「Web版さっそく使ってみる」をクリックして利用をスタートする。
写真
ユーザー登録を済ませておこう

夫婦で別のお財布を作成する

さっそく夫婦で別々のお財布を作成していこう。それぞれのお財布は、「口座」メニューの中に作成する。まず、夫婦別の財布を作っておき、そこから色々な費用を入力すれば、それぞれが使った金額が管理できるわけだ。夫婦でアカウントを共有しても良いし、どちらか片方がすべての入出金を入力してもかまわない。とはいえ、スマホでも簡単に操作できるので、アカウントの共有による共同作業がオススメだ。

写真
画面右上の「設定」をクリックしてメニューを開き、さらに「口座」をクリックする。
写真
「お財布」の右にあるペンのマークをクリックする。
写真
名前を「お財布(妻)」に変更する。もちろん、分かりやすければどんな名前でもOKだ。また、残高が決まっていたら入力しておこう。
写真
「口座」に戻り「追加」をクリックする。
写真
今度は、新しい口座として「お財布(夫)」を追加する。

毎月入金する

給与が入ったら、それぞれのお財布に自動的にお金が入金できるようにしておこう。そんな作業が自動的にできるのが、家計簿アプリの良いところだ。紙の家計簿だといちいち手で書いていかなければいけないので、面倒で続かない。zaimなら最初に設定するだけでOK。後は日々の出費を入れていけばいい。

写真
設定から「繰り返し入力」をクリックする。
写真
繰り返し入力を登録する。画面のように毎月特定の日に決まった金額を銀行口座から振り替えるように設定した。
写真
夫婦の口座へ振替を設定した。これで自動的に毎月12万円がそれぞれのお金として登録される。

家計簿を入力する

毎月の入金額を設定したら、あとは家計簿を実際に入力していこう。入力方法は簡単で、品目を入れたら、カテゴリで科目を選び、金額を設定するだけだ。詳しいヘルプも用意されているので使い方が分からなくなったら確認してみよう。基本的にはレシートを見ながらこの作業を繰り返すだけで、家計簿が出来上がっていく。スマホからレシートを撮影したり、スキャナーと連携すれば自動的に家計簿入力することもできる。夫婦の出費の割合をグラフでチェックできるので、使い過ぎもひと目でわかる。

写真
日々の家計簿入力は簡単で、レシートなどを見ながら作業すれば良い。
写真
入力したデータは、画面上の「分析」ボタンを押すとグラフ化できる。マウスポインターを合わせれば夫婦の出費額も詳細に分かる。
写真
スマホでもパソコンと同じデータを利用して家計簿を管理できる。スマホでの利用は専用のアプリをインストールする。

ここまで紹介した方法は、zaimの無料利用の範囲に含まれているので、気軽に試してみよう。最初からすべての機能を利用しようとせずに、少しずつ利用してみてもよい。データが溜まるほど、出費の傾向などが把握でき、データを見るのも楽しくなってくるだろう。

※本記事の内容は2016年10月19日時点の情報です。

記事の感想をお聞かせください。

パソコンやインターネットの使い方について、疑問やお悩みなども受付中!

関連キーワード:

戸田 覚 プロフィール
1963年生まれ。IT・ビジネス書作家としてキャリア25年以上。「あのヒット商品のナマ企画書が見たい」(ダイヤモンド社)など著作累計140冊超。テレビ・ラジオ出演、講演なども多数行っている。また、IT系、ビジネス系を中心に連載を月間40本以上こなしている。