楽しく便利! マンションでタブレットを活用しよう

スマートフォンの人気はとどまるところを知らず、すっかり市民権を得ている。そろそろ「スマホ以上」の便利なデジタル製品を選ぼうと考えている方には、タブレットがおすすめ。マンションのリビングで大活躍するタブレットの楽しさを紹介していこう。

写真
大きなほうがiPad Air 2(iOS)で小さな方がZenPad S8.0(Android)

ホームページを見たり、本を読むのが楽

タブレットは、紙の本のように気軽に扱える。リビングでソファーに腰掛けて、ホームページを閲覧したり、電子ブックを読める。パソコンだとテーブルに置いてきちんと腰掛けて――という印象が強いが、タブレットならスマホの延長で気軽に付き合っていける。

リビングに置いて家族みんなで使うにも重宝するだろう。新聞を電子版のアプリに切り替えれば、ゴミの始末も楽になるはずだ。

今回取り上げているのは9.7インチ液晶のiPad Air 2と7.9インチのZenPad S8.0だ。インチとは画面サイズの対角線を表していて、数字が大きいほど大画面になる。普通に使うなら、おすすめは10インチ前後のモデルだ。もっと大きく迫力のある画面で楽しみたいなら、12インチのiPad ProやSurfaceなどを選んでもよいだろう。

写真
電子ブックをリビングで気楽に読める。

文字サイズも視力に合わせて、拡大縮小できる。

写真
画面は電子ブックアプリの「Kindle」。無料で利用でき、アマゾンで購入した本が読める。画面のように文字のサイズを調整したり、セピア色の用紙で読むことも可能だ。

便利なテレビ番組表

リビングに置いてあるテレビとタブレットを組み合わせて使うのもおすすめだ。タブレットなら番組表が大きな画面で見られるので、スマホよりわかりやすい。

例えば、ソニーのテレビは、専用アプリ「Video & TV SideView」を使うことで、リモコンも兼ねられる。タブレットで番組表を見て、そのまま画面上をタップしてチャンネルを切り替えられるのだ(対応機種の場合)。

写真
タブレットで番組表を見て、そのままチャンネルを切り替えられるのが便利だ。
対応機種はこちらで確認できる。

ちょっとしたメモにもおすすめ

テレビの料理番組を見ていて、気になるレシピが表示されたら、さっそくタブレットに書き込んでおこう。写真のZenPad S8.0はオプションのスタイラスペンを使うと、気持ちよく手書きができる。紙のメモと違って、何十枚何百枚でも保存しておけるので、たくさんまとめて自分なりのレシピ集を作るのもおすすめだ。

電話で話した大切な要件や、テレビで気になったレストランの名前なども、タブレットでメモしておけば、なくなることがなく、いつでも見つけられる。

写真
専用のペンを使えるタブレットは手書きが便利。iPadなども市販の対応スタイラスペンを手に入れれば、手書きメモがとても書きやすくなる。
写真
ちょっとしたメモやお絵かきにおすすめのアプリが「Bamboo Paper」。ペンの種類や色、太さを変えながら楽しく書いていける。

タブレットをはじめて使う方は

タブレットを使う際には、セットアップの段階で無線LANへの接続を求められる(接続しなくても利用は可能)。室内が無線LAN化されていない場合は、以下のリンクを参考に、あらかじめ無線LANを使えるように設定しておくとスムーズだ。

無線LANの始め方

タブレットを利用して、より楽しく便利なマンションライフを満喫して欲しい!

〜タブレットで使える、おすすめアプリ〜

Kindle
Kindle

アマゾンが発売する電子ブックを読むためのアプリ。アマゾンの電子ブックを読むには専用のタブレット(こちらも名前はKindle)が必要だと思っている方が多いが、実はiPadやAndroidタブレットもアプリを入れれば読める。無料の電子ブックも手に入るので、とりあえず試してみることをおすすめする。

Get it on Google Play
Video & TV SideView
Video & TV SideView

ソニー製のテレビやレコーダーと連携できるアプリ。番組表を利用したり、スマホやタブレットをリモコンとしてテレビのチャンネルを切り替えることができる。また、外出先から録画した番組を視聴するのにも利用できる。対応機種は以下のURLより確認可能だ。

Get it on Google Play
BambooPaper
BambooPaper

タブレットで手書きのノートが書けるアプリだ。メモや打ち合わせの記録はもちろん、ちょっとしたお絵かきにも利用できる。ペン先の種類が多く、また色も選択できる。メーカーのワコムはスタイラスも多数ラインナップしている。お手元のタブレットにペンが付いていないなら、同社のペンを使うと書きやすい。

Get it on Google Play

※本記事の内容は2016年4月14日時点の情報です。

記事の感想をお聞かせください。

パソコンやインターネットの使い方について、疑問やお悩みなども受付中!

関連キーワード:

戸田 覚 プロフィール
1963年生まれ。IT・ビジネス書作家としてキャリア25年以上。「あのヒット商品のナマ企画書が見たい」(ダイヤモンド社)など著作累計140冊超。テレビ・ラジオ出演、講演なども多数行っている。また、IT系、ビジネス系を中心に連載を月間40本以上こなしている。