たまった家族の写真を安全に保存しよう

今回は、Googleフォトを利用した写真の保管方法を紹介していこう。最近はスマートフォンで写真を撮ることが多くなったが、デジタルカメラで撮影した写真がパソコンにたくさんたまっている方も少なくないだろう。万一パソコンが故障したら大事な想い出も失われてしまうかもしれない。そこで、Googleフォトの利用がおすすめ。無料で上手に使う方法を紹介する。

まずは容量と仕組みを確認する

パソコンの写真は、2重化しておかないといつか必ず失われてしまう。パソコンが壊れたらファイルが使えなくなる可能性が高いのだ。そこでデータのコピーを取り、別の媒体に保存するわけだが、一昔前までは外付けのハードディスクを用意するのが主流だった。ところが最近は、インターネット経由で利用できるクラウドストレージへの保存も簡単になっている。そこで、今回は、無料で使えるGoogleフォトへの保存方法を紹介しよう。

そもそも、前身のPicasaの時代から写真のデータ容量に上限を設けることで無制限かつ無料でアップできていた。現在のGoogleフォトは、1600万画素相当の画質なら無制限に写真をアップできるように進化している。スマートフォンやデジタルカメラで撮った写真が満足できる画質で半永久的に保存できるのだ。

普通は無料対応の画質で十分だが、もっと高画質で保存したい写真好きの方は、容量に課金することで、高画質のデータもアップロードできるようになる。

なお、スマートフォンからの利用やアルバムについてはこちらの記事も参考にして欲しい。

Googleフォトにアクセスしアカウントを作成したら、容量をチェックしてみよう。画面左上のメニューから「設定」をクリックする。
なお、Googleのアドレスをすでに持っていれば、それが利用可能だ。

設定画面では、アップロードする写真のクォリティを選択できる。無料の「高画質」と一定容量を超えると有料になる「元のサイズ」のどちらかを選ぶ。「容量を購入」をクリックすると利用できる容量の確認が可能だ。

ストレージの容量は、Gmailなど他のサービスとシェアするので、人によって使える割合が違う。画面は、有料プランに加入している状態だ。写真が容量を大量に消費していることがわかる。

アップロードはドラッグするだけだ

写真ファイルのアップロードは簡単で、WEBブラウザーで開いているGoogleフォトにドラッグするだけだ。複数の写真を選択してドラッグすることももちろん可能なので、まとめて操作するとよいだろう。

ドラッグすると、アップロードするサイズが表示される。多くの写真を無料の「高画質」にしておき、一眼レフで撮影して、編集などをしたお気に入りの写真は「元のサイズ」にするなど、使い分けても良いだろう。

写真のサイズを選ぶと、続いてアルバムの作成を問われる。「家族旅行」「2015年運動会」など、わかりやすいタイトルを付けて作成しても3分と掛からないので、こちらもおすすめ。この機会に、溜まりにたまった写真を整理してはいかがだろうか。

写真はGoogleフォトのページにドラッグするだけでアップロード可能だ。

ドラッグすると、続いて写真のサイズを指定する画面が表れるので、好みで設定する。

アップロードには少々時間がかかるので気長に待とう。アップロード後には、この画面でアルバムを作ることもできる。

アルバムを作成した。

スマートフォンでもパソコンの写真を見られる

パソコンにたまった写真を「Googleフォト」にアップロードしておけば、スマートフォンからもパソコンの写真を見ることができるようになる。

アプリをインストールして、パソコンと同じGoogleアカウントでアクセスするだけだ。あとは、アプリを起動すれば、自動で写真が同期されるので、常にパソコンとスマートフォンで同じデータが閲覧可能になる。パソコンで作ったアルバムも利用できる。

スマートフォンはパソコンよりも画面が小さく、一覧性が劣っているので写真が増えてきたら探し方にコツが必要だ。まず、アルバムをスクロールすると年月が表示されるので、時期がわかっている写真はだいたい探せるだろう。

「Googleフォト」の詳しい使い方については次回をお楽しみに。

スマートフォン(画面はiPhone)でもパソコンからアップロードした写真を閲覧できる。スクロールすると日付が表示されるので探しやすい。

パソコンで作ったアルバムももちろん利用できる。

※本記事の内容は2016年1月29日時点の情報です。

記事の感想をお聞かせください。

パソコンやインターネットの使い方について、疑問やお悩みなども受付中!

関連キーワード:

戸田 覚 プロフィール
1963年生まれ。IT・ビジネス書作家としてキャリア25年以上。「あのヒット商品のナマ企画書が見たい」(ダイヤモンド社)など著作累計140冊超。テレビ・ラジオ出演、講演なども多数行っている。また、IT系、ビジネス系を中心に連載を月間40本以上こなしている。