スマートフォンの撮影が10倍楽しくなる!追加レンズ

今やデジカメの代わりにスマートフォンを使っている人が少なくない。いつでもポケットに入っているので気軽に撮れるのがいいところだ。とはいえ、旅行や家族のイベントなどでは、ちょっとこだわったショットも撮りたいところ。そこで今回は、スマートフォン用の追加レンズを紹介しよう。装着は手軽で、使いこなすのは難しくない。今までに見たことのないベストショットが狙えるかも!

写真

スマートフォン用の追加レンズとは

スマートフォンのカメラは、一眼レフと違ってレンズを交換できない。そこで人気を集めているのが、従来のカメラのレンズに上から装着する追加レンズだ。

今回紹介するエレコムの「P-SLMBK」は、3,600円の手ごろな価格で3種類のレンズを利用できる。「自撮り用」と銘打たれているが、普通に景色なども撮影可能。スマホの標準カメラで考えられなかった楽しい写真が撮れる。

装着は簡単で、クリップのようにスマートフォンに挟むだけだ。基本的には機種を問わずに使えるが、スマートフォンにカバーなどを付けているとうまく装着できないこともあるので気をつけよう。基本的には挟むだけなので脱着は簡単だが、レンズの位置がきちんと合っていることだけは確認しておきたい。

レンズは3種類が含まれている。魚眼と広角で、さらに広角レンズの一部を取り外すとマクロレンズになる。
レンズは3種類が含まれている。魚眼と広角で、さらに広角レンズの一部を取り外すとマクロレンズになる。
レンズはセットで小さなケースに入っており、カラビナでベルトや鞄に引っかけて持ち歩ける。軽いので旅行にも気楽に持ち出そう。
レンズはセットで小さなケースに入っており、カラビナでベルトや鞄に引っかけて持ち歩ける。軽いので旅行にも気楽に持ち出そう。

標準レンズとの違いは?

広角レンズでは、普通のレンズ(いわゆる標準レンズ)に比べると、より広いエリアを撮れる。今回は一例としてオフィスビルの前で撮影してみた。普通のレンズでは入りきらなかったのが、広角レンズなら同じ位置でより広い範囲が撮影できているのがわかるだろう。人数の多い集合写真で「入らないからもっとくっついて」という光景をよく見かけるが、広角レンズがあればうまく収まってしまうことも。

魚眼レンズはさらに広角に自分の周囲が撮れる。ただし、写真は球体の内側から覗いたようなイメージになる。写真はあくまでも平面なので、広い範囲が撮れるほどゆがんでくるのだ。ところが、そのゆがみがとても楽しい。ちょうどドアに付いているレンズから外を見たような写真が撮れるのだ。

iPhoneの標準レンズで撮影。
iPhoneの標準レンズで撮影。
同じ位置から広角レンズを装着して撮影。より広いエリアが撮れていることがわかる。
同じ位置から広角レンズを装着して撮影。より広いエリアが撮れていることがわかる。
また、セルフィー(自分撮り)でも魚眼レンズを使うと遠くから撮影したようなショットを撮れる。自撮り棒も不要だ。

趣味の写真にも使えるマクロレンズ

趣味で集めたアイテムなどを撮影するのにおすすめなのがマクロレンズだ。作例を見ていただけるとわかるが、iPhoneでは絶対に撮影できない距離数センチのクローズアップで撮れる。実際に撮影してみると、iPhone自体の影が問題になるのだが、そこはライトを当てるなどして工夫して欲しい。

まるで虫眼鏡で見たような写真は、楽しいことこの上ない。今回のセットでは、広角レンズからアダプターを外すとマクロが撮影できる。

こんなに近寄った写真が撮影できるのがマクロレンズの特徴だ。

スマートフォンの撮影を楽しもう

追加レンズは、お出かけのお供に持ち歩いて、自由に装着して楽しめば良い。とはいえ、漫然と撮っていても思ったほどの効果が得られないこともある。思いっきり被写体に近寄ったり、標準レンズでは撮れない広いエリアを撮影してみると楽しい。

例えば、下町の商店街のごちゃごちゃとした凝縮感は、広角レンズのほうがはるかに伝わるだろう。また、電車を撮影する際に魚眼レンズを使えば、踏切の周囲まで一気に撮影できる。

魚眼レンズや広角レンズは周辺がややぼやけたり、光量が足りなくなるなど、若干の欠点があるが、気にせず楽しんでしまうのが一番だ。

魚眼レンズで撮影すると、より中央の花が強調できる。
踏切の周囲の様子がすべて1枚に収まってしまう。
すべり台の上から撮影。「さあすべろう!」と子供の頃の思いが伝わってきそうだ。

「エレコム 自分撮りレンズ 3点セット『P-SLMBK』」はこちらで購入いただけます。

外出時や旅行の際はバッテリーも持っていこう

外出時や旅行先では、朝から晩まで動き回っていることが少なくない。落ち着いて充電できないので、バッテリーの残量が心配になる。そこでおすすめなのがモバイルバッテリーだ。とはいえ、大きくて重い製品だと荷物になるばかり。普通の使い方なら、1~2回充電できるコンパクトなモデルが頃合いだ。

写真

「モバイルバッテリー 5200mAh(シンプル)」

写真

「モバイルバッテリー 5200mAh(ミッフィー・まあだだよ)」

※本記事の内容は2015年12月8日時点の情報です。

記事の感想をお聞かせください。

パソコンやインターネットの使い方について、疑問やお悩みなども受付中!

戸田 覚 プロフィール
1963年生まれ。IT・ビジネス書作家としてキャリア25年以上。「あのヒット商品のナマ企画書が見たい」(ダイヤモンド社)など著作累計140冊超。テレビ・ラジオ出演、講演なども多数行っている。また、IT系、ビジネス系を中心に連載を月間40本以上こなしている。